電源を入れてください~都市ノォト~
生きていることを記録する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魅惑のサルヴァトール・ローザ その1
salvator rosa (1615-73)

ローザの描く悪魔は,岩や木の枝に似ている。
もともと背景画の職人であったわけだから当然なのかもしれないけれど,このゴリゴリした感じは,悪魔と云うよりはクリーチャーに近い。

ローザの悪魔の造形が,RPGに与えた影響はかなり多いんじゃないか?

『The temptations of Saint Anthony』(聖アントニウスの誘惑)
Salvator_Rosa.jpg


彼の描いた背景画
art_rosa.jpg


岩や木々のスタイルを悪魔の骨格に持ち込んだのは革命だったと思う。
彼が創始者かどうかは知らないけれど。


このクリーチャーは実にモダン。
『Jason Charming the Dragon』
rosa1fs.jpg



15世紀前後の悪魔は大体人間の形をしているのだけれど,ある時期を境に動物化?(クリーチャー化)していく。これは何故なのだろう。
十字軍の思い出が,もはや忘れ去られているからかな?


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 電源を入れてください~都市ノォト~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。