電源を入れてください~都市ノォト~
生きていることを記録する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聖ジョージのドラゴン退治 その2
クラーナハ(Lucas Cranach the Elder (1472-1553))のジョージ

名前は知らなくてもマルティンルターの肖像画を描いた人ですから,彼の絵は観たことはあるはず。
ドラゴンと云うよりは,ヤモリかトカゲという感じです。カベチョロです。
20060609041039.jpg


クラーナハは別の意味でヤバイ人です。
革命家のお友達ですから。


『ホロフェルネスの頭部を持つユディト』(クラーナハ)
20060609041434.jpg

ユディトの目の焦点がどこにあるのか分からないのが怖いです。

ドイツはルネッサンス期でも真っ暗。
もしかしてドイツ史上,一番明るい時代は現代なんじゃないだろうか。いや,間違いなく現代だ。(知ったかぶり)

ロヒール・ファン・デル・ウェイデン(Rogier van der Weyden (1399/1400-64))
20060609041615.jpg


バーンジョーンズ(Edward Burne-Jones(1833-1898))
20060609042206.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ドラゴン退治や、ドラゴンに関する絵がもっと見たいです。
2006/07/27 (木) 11:32:05 | URL | よー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 電源を入れてください~都市ノォト~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。