電源を入れてください~都市ノォト~
生きていることを記録する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クーデター思想のカーニバル
自らの尻叩かなきゃ間に会わずいつの間にOUT

Paul Sierra
20060630235041.jpg


引きこもっている頃は毎日のように,これは誇張でもなく,本当に毎日のように何かから走って逃げる夢ばかり見ていた。僕を追いかけてくるのは洪水であったり,気狂い殺人鬼であったり,ゴジラであったり。そして必ず途中で思い通りに脚が動かなくなり,全身が硬化していき,最後は闇に飲まれて別の世界へ。フロイトを過剰に信じているわけではないが,夢とは,現実と云うコインの裏側である気がしてしまう。トゥーフェイス的思想。"裏か表か"。それがだけが,世界に存在する唯一の問題だ。
バットマンのカトゥーンを真剣に観てきた世代の妄言。


あまり良く知らない人間と面と向かって仲良く宜しく楽しくコミュニケーションをとるコツは,あまり自己主張をしないこと と 相手と相手の思想を適当に褒め称えること。そして当り障りの無い会話をどれだけ長く続けられるかということ。理屈では分かっていても実行するのは難しく,この期に及んで自己批判するつもりは毛頭ないが,余り付き合いの長くない他者を前にして「あ,俺って意外と人間嫌いなんだな」って悟ってしまうのもどうかと思う。


しゃべることよりも,脳内で独り言葉を反芻しているほうが圧倒的に楽しいと感じる体になってしまった。
僕にとって他者と喋ると云うことはSEXと同じくらい非日常の情事。
喫茶銀座で密会,好意の行為は後を引く猛威全開の後悔と悪意の無い叫び。山手線恵比寿駅の一回性を帯びた紹介は僕にとっては最大の敗北と不快感。そして慰め。もちろん悪いのは僕。かざす指はいつもNの文字を描く。N!!


目の前には必死に自分に話し掛けてくれる人がいるのに,実は上の空で,脳内ではラップを考えていたり。「常磐線でせんべいのカス食い散らかす」とか。くだらねー。

外部からの刺激はいつも過激で饒舌で正確で,そして新鮮だが,もっと,こう,ハードコアに生きてみたいと思うことも当然あるけれど,ルーシアを吸いながらアニメのクレジット鑑賞に現を抜かしているうちは今の生活から脱却することは無理そうだと,この期に及んで悟る俺。いや,僕。ホッピーとモニターだけが唯一の現実。そういう腐った生活のなかでおぼれそうになっている奴は,少なく見積もっても日本に50万人はいる。僕はその内の一人で独り。


『カミソリで自傷ラーのヒッキーはファミコンに忙しく閉じこもる奴らがはびこる理由』

それはやっぱり金だよ,金があるから。


本題

ルームシェアの件。
こんなところで話すことでもないけれど,

・居候という名の,ルームシェアの期間はどのくらいを見積もっているのか
・そもそもいつ引っ越すのか
・金銭面のシェアは親にどう説明するのか
・居候(タダ貸し)としても構わないが,それを感情的・道徳的・社会的に容認できるほど,石屋の頭は柔軟なのか
・必要以上の火の粉が僕に降りかからないように取り繕う自信はあるのか
・というか僕の家に居候するとK君にお金がたまるシステムが良く分からない。素直に彼女と同棲しますって言えばいいのに。まぁそのへんは深く追求すべきではないのかもしれないけれど,もし彼女との交際の事や同棲の計画の事を両親に伝えていないなら,早いところ話してしまったほうが良いですよ。恥ずかしいのは分かるけれど,後々絶対めんどくさいことになるから。なんて


などなど,よく分からないことは山積。たった3分の説明で全てが理解できる筈もないし,こちらにもある程度責任が発生してしまう以上,僕に対してのある程度の情報の開示と説明は当然必要になってくると思う。
たった一つの歯車の賭け違いが全てがオジャンにしてしまうなんてことは,良くあることでもあり。口裏あわせは全てに増して重要であることは言うまでも無いことだとも思う。
起承転結において重要なのは,"起"と,そこに自動的についてくる"承"なのだから。意味不明。どうせ結果は自然にやってくる。紙の上の計算に全て交通許可が下りるほど現実は甘くもない。でも,戦わなくちゃ,現実と。

たった数%の確率に賭けるスーパーマンのような柔軟性をもって突っ走れ

まぁ色々と前途は多難。



そのうち落ち着いた空間で面と向かって話しましょう。スパルタとか交えて。ボアソの1階でもいいよ。もしくは飯田橋の飲み屋。僕はいつでもスタンバイOK,FIRE俺らの番だ。いつでもいける。
社会的に無価値な僕にでも出来ることがあるならば手を貸しますよ。ビール一本とレコード50枚で。刑法違反と金貸し以外なら何でもござれ。22歳とは無敵であるべし。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 電源を入れてください~都市ノォト~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。