電源を入れてください~都市ノォト~
生きていることを記録する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スクールランブル 2学期 15話
どこかで見たことのある個性的な構図,動きが次々と・・
1231564.jpg

321321.jpg


スクールランブル 二学期 第15話

脚本 金春智子
絵コンテ・演出 大久保政雄
作画監督 野田康行
原画 
大久保政雄 松本勝次
一町田嘉暢 簾畑由実
高橋るみ 藤田正幸
津野満代 本田辰雄



グループZEN回。面子はいつもと一緒です。
Bパートで大久保さん全開って感じ。

01124040.jpg



話は大幅に飛ぶのですが,アニメの中で,アニメーターはどの程度までなら個性を出しても良いものなのか?という問題(疑問)に良く遭遇します。この15話のように個性的な動きをするアニメ回を見た後だと特に。

確かに,流れを無視したアーティステックな個性は敬遠されることが多いですし,(僕は大歓迎ですが),かといってニニンがシノブ伝第9話のBパートのように,視聴者受けのよさそうな方向にキャラを弄ってみても,「いつもとキャラデザが違う,なに勝手な事やってんだ!!」と騒ぐ人たちが沸いてくる。どうやら,アニメーターの個性によってキャラが汚されたと感じるらしい。

今時のアニメファンは作品全体の統一感やら,十全性(安定)などを強烈に意識するらしく,それを壊す異分子はなるべく排除したいんだとか。声優の演技やらシナリオ(物語)に集中したいがために,邪魔になる個性的な作画を嫌うという。

こういう主張をされるのは生粋のアニオタというより,ラノベor漫画やエロゲの延長線上でアニメを視聴されている方々に多い気がする。


帰ってきたへんじゃぱSS(K_NATSUBAさん)
http://d.hatena.ne.jp/K_NATSUBA/20060717#1153169008

癖の強いスーパーアニメーターが自分の癖と美意識をむき出しにしてばりばりと描く、その癖と美意識をファンも理解し、あるいは理解まではしないもののその美意識に裏打ちされた動きのよさをなんとなく感得して気持ちよくなり、作品の評価につながり、ビッグビジネスになる、というような図式は恐らく崩壊している。
~中略~

一視聴者としてアニメに求めるのは作品性の十全な展開であって、それにおいてアニメ製作者が最も頼りに出来るものはまずコンセプトワーク*1、それから声優、ついで各話数の文芸=脚本絵コンテ演出、越えられない壁があって作画であり、だから作品性重視な受け手の俺が正対しなければならないのは越えられない壁の前の三つで、作画なんておまけもいいところだ。


作画は"おまけ"だそうです。

シナリオと声優(キャラ)がヒエラルキーの最上段にあるという思想を批判するつもりは毛頭ないけれど,作画をおまけ扱いするのはちょっと酷い。でもアニメファンの思考を代弁しているともいえなくも無いわけで。実際,アニメファンのコミュニティの中であっても作画の話題に花が開くことは殆ど無いし。そんなこんなでアニメーション:REは3号で休刊だ。

大切なのは原作のイメージを壊さない作画であって,どこの馬の骨とも知れぬアニメタの個性ではない。むしろ個性は邪魔なのだろう。


う~ん,じゃぁ大久保&野田さんの回はどうなのよ,かなり個性的っすよ,と市井のブログを見て回ると,受け入れられているんですね,これが。というか,一期の面白さが蘇えった!!と絶賛すらされています。

一部,キャラの顔がアニメーターの個性によって大幅に変更されてるけど,いいの!?播磨君の体がゴムのように伸び縮みしてるけど気にしないの!?って感じですが,良いらしいです。

もはや別キャラと化しているんですがね・・
1163913.jpg

1135719.jpg

i965423.jpg



キャラ表無視で叩かれたアニメ回は沢山ありますが,全修正を食らったベルカ式作画こと斉藤良成さんの"なのは"回をピックアップ。
http://koali.blog43.fc2.com/blog-entry-475.html

斉藤さんの参加回はネット上でも物議を呼び(要するにバッシング),結局DVDで全修正されました。


ZENとの違いは何なんでしょうか?
一方はネタにされ修正され,もう一方は容認される。



作品のコンセプトに合った個性ならば,視聴者にも受け入れられ易いということなのでしょうか。あるいは,ZENにはノイジーマイノリティーを黙らせる何かがあるのかもしれません。



結論
物語の支障にならず,声優の演技を邪魔せず,尚且つあまり目立たない程度のさじ加減が加えられた個性であれば許されることが多い。



1159826.jpg

1124374.jpg

0238071.jpg



ようするに

可愛いは正義
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
全く、悲しい話ですね。
結局、彼らのような「萌え」を中心に作品を評価している人達というのは、キャラクターに魅力を感じるか否かでしか作品を評価できないのでしょう。
ストーリーや声優を重視するというのも「萌え」を味わうための建前に過ぎず、本音は萌えるという行為に邪魔なものは全力で排除したい、そう考えているのではないのでしょうか。だから普段見なれたキャラ表準拠の作画とは、異なったもの対して違和感を感じることを嫌悪感として受け取るし、自分の価値観と異なる考え方で作品を評価する人達を許容しようとせず、反論することを第一に考えるのです。
彼らはアニメの作画をエロ漫画の作画と同列に考えている傾向があるように思います。性的魅力を感じることを作品に求め、それ意外の表現は必要としない、もっというなら「萌え以外の表現は欲しくない」と考えているのだと思います。
私が思うに、そのような市場の考え方を鵜呑みにしたスポンサーたちによって、明らかに供給過多な「萌えアニメ」の氾濫がおこっている現在、ビジネスモデルの破綻を危惧するのであれば、そちら側の方に提言をすべきだと考えます。
2006/07/19 (水) 12:28:35 | URL | uN #pYrWfDco[ 編集]
苛立ちや不快感は十分理解できるのですが,そんな"萌え至上主義"な方々の存在がアニメ産業に膨大な利益をもたらしているのも事実であり,あながち批判も出来ないんですよね。おそらく制作(製作)サイドも同じようなジレンマを抱えている筈です。
今期は,萌えアニメを装った往年のアニメファン向けの作品も多数放送されていますし,なるべくポジティブシンキングでアニメを視聴していきたいと個人的には思っています。
2006/07/20 (木) 04:18:55 | URL | @管理人 #BwyjpNMY[ 編集]
わからない。
十分似てるとおもいますが、、、
作監もやる私にとって、これでバッシングの対象になるなら、こういうアニメのファンのニーズに応える自信はない。原画で参加していたら、作監のかたが気の毒です。あまりに許容範囲がせまい。
ただでさえ似せにくい絵柄だと思います。そもそも似せることに執着しすぎるとアニメの本質である動き、芝居、レイアウトを修正する時間がなくなってしまいますし。
正直私は元のほうが好きですしうまいと感じました。デッサンのくずれた絵を似せるのはホントに難しいんですよ。うまい方にとってはデッサンを崩すわけですし当然多少クセも出ます。人間ですから。原画さんもみんな同じキャラ表を見てるのに全然違う絵で上がってきますよ。
昔「Kanon」をやったときは全然似なくて迷惑かけたなぁ、、、(--;)

あまりにあざといのはわたしもどうかとは思いますが、これは、、、。
私としては統一目的の
「総作監制」は嫌いです。往々にしてスケジュールがグダグだになるからです。
2006/08/13 (日) 11:18:17 | URL | niu #-[ 編集]
すいません、うえのコメントは「斉藤良成さんの"なのは"回」を見ての感想でした。失礼しました。
2006/08/13 (日) 14:24:54 | URL | niu #-[ 編集]
"リリカルなのは"シリーズは、DVDが一巻あたり一万枚売れる超キラーコンテンツですから、この大げさな全修正は製作サイドがファンの過剰に反応しすぎた結果なのかもしれません。
その甲斐あってか、DVDも着実に売れて第三期の製作も決定したようですし、ファンも製作も万々歳というところなのでしょうか。

この程度の個性を容認できないファンもどうかしていると思いますが、お客様第一主義を押し通す製作・販売元にも何かしら問題があると思えてなりません。こんなところで愚痴を言ってもしょうがありませんが、今までのキャリアを否定された斎藤さんがあまりにも可哀想な気がします。
2006/08/14 (月) 08:46:26 | URL | @管理人 #BwyjpNMY[ 編集]
最近、こちらを見つけて問題意識に共感を覚えつつROMをしていた者ですが、初めて書き込みさせていただきます。

キャラが似ていないということに対する批判というのは、キャラ表に似せた絵を描ける=アニメーターの最低限の能力(似せられない=ヘタクソなアニメーター)と判断している人たちがしているのではないかと感じました。
動き云々ということに目がいかない、もしくは良し悪しがよくわからない人たちが、作画、もしくはアニメーターについて語るとき、似ているか、似ていないかでしか評価が出来ないために起こっているのではないかと。
その「似ている絵」の中でも、そういう人たちが見ても動きが良い、もしくは枚数が多いと思われるものを「神作画」といって称えている、そういう状況ではないかと思います。

ただ、観る者の移入を阻まない(≒萌えられる)ものは、特別叩かれるわけでもないというのもあるのでしょう。
このスクランの当該シーンの場合、ギャグシーンとしてぶっ飛んでいる雰囲気であるがゆえに、そのシーンの勢いで許容された感もあります。
なのはの斉藤氏作監回の場合、全編にわたって、「似ていない(萌えない)」と判断されてしまった絵柄であったために叩かれた。
ある意味において、そういう部分が作品中に占める比率も関わっているのではないでしょうか。

頭の悪い文章を長々と失礼しました。
2006/08/17 (木) 00:17:53 | URL | マーチン #B2zLP17c[ 編集]
作画崩壊だ!とか騒ぐ人は止め絵のアニメが好きなんですかね~。
それならエロゲやるなりマンガでも読んでればいいのに。
個人的にはアニメは動きだと思うのですが^^
2006/08/20 (日) 19:37:12 | URL | #-[ 編集]
判断するのは客。
「萌えアニメ」を蔑んでるのを見てもう見てられないと思った。
萌えアニメじゃない「崇高なアニメ(笑)」も萌えアニメも同列でしょ。
どっちが偉い、どっちが下じゃないよ。
作品作ってるっていう意識の前に商品作っているという意識が昨今のプロは無さすぎではないでしょうか
2007/05/02 (水) 04:07:16 | URL | うーる #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
電源を入れてください~都市ノォト~ スクールランブル 2学期 15話 http://buchi21.blog64.fc2.com/blog-entry-207.html 今時のアニメファンは作品全体の統一感やら,十全性(安定)などを強烈に意識するらしく,それを壊す異分子はなるべく排除したいんだとか。声優
2006/07/26(水) 10:05:35 | ARTIFACT@ハテナ系
copyright © 2005 電源を入れてください~都市ノォト~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。