電源を入れてください~都市ノォト~
生きていることを記録する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるさんぞー播磨ぁー!

今の若手アニメーターの中でもかなり異色なのが大久保政雄。
通称汁メーター
彼の描く絵からは必ずといっていいほど汁が出ているから汁メーター
スクールランブル2 第3話
「この戦闘で・・・」から「早撃ちで勝負だ」前後までが彼の仕事
結構仕事量多いッス
(彼は作画監督も勤めているから微妙だけど,顔と絵で判断)

http://www.youtube.com/watch?v=O9pphbiOfi0&search=school%20rumble%20term

空間的な"伸び"に注目して観て欲しい
こういう"伸び"を描けるアニメーターは日本にしかいない
これは凄いことなのだ

ただスクラン2はアニメとしてはハズレ
前作のDVDが売れすぎてしまったのと,監督が替わったのが原因だろう。
前作は画面一杯に"遊び心"があふれていたのに対し,今回は明らかに売ることを狙ってしまっているため,良くも悪くも凡作に落ち着いてしまっている。やや抽象的な感想だけど,視聴者を唸らせるだけの勢いがないんだよ。演出から"あざとさ"や"ケレン味"が消えた。口当たりの良すぎるアニメに成ってしまっている。だが僕らはそんなものをスクランに求めてはいない。
僕らが観たかったのは,あるいは僕らが前作のスクランに見いだし,賞賛していたモノは,学園コメディーじゃなくて,スタジオコメット製の,コメットらしさ(コメットの意気込みに)溢れたアニメだったということ。ところが,スクラン2は市井の学園アニメに落ち着いてしまった。学園アニメなんてお腹一杯。
ケレン味のないスクランなんてスクランじゃないよ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 電源を入れてください~都市ノォト~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。