電源を入れてください~都市ノォト~
生きていることを記録する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミックマーケット 70
田舎に住んでいた頃は、お盆に県外に出かけることは禁忌の一つでした。一日中線香をたいて寿司を食って酒を飲んで、故人を祀るという名目の元、親戚との親睦を深めるというのが慣わしだったわけです。ところがここは東京。サイバーパンキシカルな日本の首都。もはや田吾作どもの神道的慣習に従う必要もありません。晴れて宗教的束縛から解放されたわけです。

そもそもお盆などという行事は、「生命(魂)は一度死んだら解脱しない限り、リサイクルされ続ける運命にある」という仏教的価値観と大きく矛盾するわけで、輪廻転生した魂がどうして故郷に帰ってくるんだ!有り得ない!!と、餓鬼の頃から反発しておりました。

そんなもんで、「よっしゃ今年は実家に帰らないぞ、墓参りなんてするもんか」と豪語していた矢先、昨日の夜、枕元に死んだ祖父が現れて上野駅まで僕を連れて行き、無理やり常磐線に乗せられるという意味ありげで都合の良い夢を見てしまい、さすがに思いを改めるにいたりました。
「ああこればかりは仕方ないのだ。人間、長年培ってきた宗教観には勝てるはずもなく信仰の甘い蜜の前に平伏すしかないのだ」と宗教の深遠を悟りつつ、すべてを諦めて電車に乗って実家を目指すこと小一時間、気が付くとなぜか目の前には凛々しい逆三角形の集合体、ビックサイトロンが。ようするに国際展示場前にいたのです。




ジイちゃん聞いてくれ、悪いのは僕じゃない、悪いのはこの歪んだ社会と、このいびつな建物なんだ!!
20060814050939.png

自分の至らなさを社会のせいにして良いという思想は何時ごろから生まれたのだろうか。すべては社会主義思想が悪い。そうに決まっている。



そんなこんなでコミケ初参加。あまりの暑さと、小学校の頃に無理やり社会化見学させられた時に嫌というほど嗅いだ納豆工場のような匂いに肺をやられ、何度か足をつりました。(運動不足のせい。)
死ぬかと思った。

お目当てのアニメーター関連の同人誌を数点購入して、逃げ帰るように帰宅。とらのあなに入店するだけでドギマギしてしまう小心者の僕にはビックサイトのお祭りはキツすぎました。事前にパンフを買っていなかったのも敗因の一つ。2500円をケチった罰をまざまざと感じることに。

マイナージャンルだろうし大丈夫だろうと軽く考えていたサークルは即完売していたり、一方、買えるかどうか気に病んでいた同人誌は午後からでも買えたりと、勉強になること多数。う~ん。難しい。


コミケに参加してみて一番驚いたのは、ゆりかもめが本当に無人で動いていたということ。情報としては知っていたけれど、実際目にしてみると想像以上に感動した。だって無人で動いているんだよ!SFの世界じゃないか。(何をいまさら)
晴海の"2016年東京オリンピック選手村予定地"にも驚いたけれど。

以上、田吾作の独り言。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 電源を入れてください~都市ノォト~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。