電源を入れてください~都市ノォト~
生きていることを記録する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
z(ジー)を読んだ
5883_.jpg

売り文句は、人生最後のファッション雑誌

ぱっと見た感じ、写真が良好。写真に金をかけている雑誌は信用できる。(これは僕の持論) 
分かりやすく言えば、"サライ"を超高所得者向けにした感じ。


だけれど、カジュアルジャケット一枚31万円には正直驚いた。高校生が10万のコートを着込む時代にあって、驚くほどの値段でもないのかもしれないけれど、パッと見た感じのデザインが本当にシンプルで、8000円ぐらいで買えてしまいそうだけれど実は一枚18万円ですみたいな、そのギャップに驚くわけです。まぁ確かに彼らはシンプルなものが好きだろうから、それはそれでイイのかもしれないけれど、モデルはほとんど外国人だし、装飾(トータルコーディネート)は意外とゴテゴテしているし、本当にマーケティングしたのだろうかと疑いたくなる作りでもある。一枚10万円のシャツとか、どこに行けば買えるのかすら知らない僕にはどうでもいい雑誌なのだけれど、そんなどうでもいい人の方が楽しめてしまいそうな感じ。要するにビジュアル重視でネタ系。

どうしようもなく金が有り余っていて、ビジュアルを重要視していて、浪費しまくりたい精力的老人向けの雑誌。その名も、Z(ジー)


一応全国流通しているようだけれど、余り意味はないと思う。会員制にして、一冊1万ぐらいで売ればいいのに、と思った。1000万プレイヤーですら手が届かないであろう(手を伸ばさない?)"ファッション"を全国流通に乗せて何がしたいのか、いまいち釈然としない。この雑誌を正視できる層は、多く見積もっても10万人ぐらいだよ。明らかにニッチ産業。新たなる文化、マーケットを生み出す可能性は当然秘めているとは思うけれど、層が余りにも薄すぎる。30万のジャケットをポンポン買えそうな一部の限られた人達に服やら時計を売りたいなら、全国流通なんて煩わしい事を敢えてする必要ないのになぁと、普通の感覚の人間なら思うはずである。
そもそも団塊の世代って着るものに頓着しない人が大半だし、シンプルなものを好むの傾向にあるのに、このゴテゴテした雑誌が彼らに受け入れられるか、甚だ疑問だ。


あくまでもネタとして消費されていきそうな悪寒。
一年後に残っているかどうかが、今から楽しみでならない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 電源を入れてください~都市ノォト~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。