電源を入れてください~都市ノォト~
生きていることを記録する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9.11-8.15 日本心中
「9.11-8.15 日本心中」 
2006年11月4日よりポレポレ東中野にて上映
http://www.nihonshinju.com/

ポレポレ東中野
http://www.mmjp.or.jp/pole2/

nihonsinjyuuimage1.jpg


予告
http://www.cs-tv.net/t/D000000/&movie_id=00009649

あらすじ

2001年1月、老美術批評家・針生一郎は、批評家として闘ってきた敗戦後日本の状況を、痛みとともにもう一度たどり直すべく、かつての盟友や、若い思想家たちを訪ね歩く旅が続く。同じ頃、73年、パレスチナ生まれの重信メイも旅を始めていた。メイの母は、日本赤軍リーダー・重信房子。父はパレスチナ解放運動の闘士だが、闘争の渦中、暗殺された。彼女はレバノンを離れ、自己のアイデンティティを探す旅を開始したのだった。さらに他方、この現代に日本の「戦争記録画」を黙々と描き続ける男がいる。彼は取り憑かれたように「戦争と死」の絵を描きながら、敗戦後の日本のあり方を 執拗に問い続ける。そして2001年9月11日、アメリカ同時多発テロが発生。9.11を契機にして、彼らの旅が加速していく。


監督 大浦信行

出演

針生一郎
重信メイ 
鵜飼哲 
椹木野衣 
島倉二千六 
岡部真理恵 大野一雄 
鶴見俊輔 
金芝河 他



色々な意味で分岐点になりそうな映画。
共和党も負けたことだし、9.11後の思想の総括として見るべきなのかな。



大浦監督と本作に共鳴した表現者たちのトークセッションを連日開催!(上映終了後)

11月 4日(土) 針生 一郎(美術・文芸評論家)
11月 5日(日) 若松 孝二(映画監督)
11月 6日(月) 瀬々 敬久(映画監督)
11月 7日(火) 白井 佳夫(映画評論家)
11月 9日(木) 荒戸 源次郎(映画監督・プロデューサー)
11月10日(金) 天明屋 尚(現代美術家)
11月11日(土) 鈴木 邦男(文筆家・一水会顧問)
11月13日(月) 重信 メイ(ジャーナリスト)
11月16日(木) 鵜飼 哲(フランス文学・思想)
11月17日(金) 阿部 嘉昭(映画評論家)
11月19日(日) 小倉 利丸(富山大学教員)
11月20日(月) 土屋 豊(映画監督・VIDEO ACT!主宰)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 電源を入れてください~都市ノォト~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。