電源を入れてください~都市ノォト~
生きていることを記録する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャンプの値段を知らない子供達

183 :ディスカバリ チャンネル :04/11/17 05:04:07 ID:cgGi9Ibb
この間ナショナル・ジオグラフィック・チャンネルで「世界の猛毒昆虫(蜘蛛・サソリ他節足動物含む)」を見ていたら、サソリやヴェネスエラのタランテラを抑えて、日本の「オオスズメバチ(GiaiantHornet)/日本固有種・通称くまん蜂」が堂々横綱格で紹介されていた。

米国代表である数年前大発生し全米中を震撼させた「Killer Bee/アフリカ蜜蜂」の駆除のために真剣に輸入が検討されたらしいが、そのキラービー(殺人蜂)よりもっとヤバいと言うことでその導入planはボツになったらしい。ちなみにオオスズメバチは30匹で3万匹の蜜蜂のコロニーを僅か小一時間で全滅させると言っていた。またその戦力差は、三万人の素手の人の群れを30台の新型戦車で蹂躙し虐殺するようなものだとも言っていた。

世界中で日本の蜜蜂(ヤマトミツバチ種)だけが47度Cの蜂球を作り中にオオスズメバチを入れてボコボコにして『熱死』(オオスズメバチは46度C、ミツバチは48度Cで熱中死)させる術を知っていて、偵察のオオスズメバチをわざと巣の中に誘い込み生きて帰さない。それとても僅か温度差2度Cのギリギリの作戦であり、囮役や蜂玉中心部のガッツリ押さえ込み役の働き蜂も死ぬ、正に「神風特攻作戦」である。
きっとこの漫画の「ブル隊長」のような蜂が先陣切って指揮してるのだろうか?日本人より『大和魂』を持った蜂、それが「ヤマト蜜蜂」だった。TV見ててこの漫画思い出してあまりの健気さに泣けてきたよ。

養蜂に使われる「西洋ミツバチ」や既出の「アフリカ・ミツバチ」にはこのまねはできないそうだ。何故ならDNAにオオスズメバチと戦ってきた記憶が刻まれてないからだ。改めてオオスズメバチという世界に誇れる?日本固有の猛虫を生み出した日本の自然と有史以来それらと戦ってきた大和蜜蜂に驚きと敬意を抱いた1時間番組だった。



その映像がこれ。
http://www.youtube.com/watch?v=DcZCttPGyJ0


「ブル隊長」って何のことかと思ったら、ジャンプに連載されていたつの丸先生の漫画に出てくるキャラらしい。知らないなぁ・・・
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4088728149
こんなシビアな漫画も描いてたのか。機会があれば読んでみたい。

やっぱりつの丸連載あってのジャンプだよなぁ・・・と、フリーザの戦闘力を即答できない"ニワカ"が適当な発言をしてみる。すみません、モンモンモンとスラムダンクは華麗に読み飛ばしてました。要するに世代が同じだからと言って、みんながみんな体験を共有していると考えるのは、大間違いなんですね。ジャンプの値段を知らない子供達は想像以上に多いはず。僕も半年ぐらい前まで知らなかったし、何気に生まれてこの方一度もジャンプを買ったことがない。はいはい、非国民非国民。非国民で結構ですよ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 電源を入れてください~都市ノォト~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。