電源を入れてください~都市ノォト~
生きていることを記録する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
代アニ倒産
代々木アニメーション学院倒産

「東京」  (株)代々木ライブ・アニメイション(資本金4000万円、東京都渋谷区代々木1-57-3、代表石川良一氏、従業員40名)は、12月6日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

 申請代理人は原田敬三弁護士(東京都千代田区飯田橋4-9-5、03-3511-5748)ほか。監督委員は伊藤尚弁護士(東京都中央区八重洲2-8-7、03-3273-7730)。

 当社は、1978年(昭和53年)5月に設立された。アニメ専門学校「代々木アニメーション学院」の運営を手がけ、東京本部校のほか、大阪校、名古屋校、アキバ校など全国に13校展開し、約6000名の生徒を有していた。多数の卒業生を輩出する歴史と実績を誇る業界の大手で、主力のアニメ学部のほか、映像学部、ゲーム・クリエイター学部、芸能学部などを擁してクリエイターを育成し、98年4月期には年収入高約77億円を計上していた。

 しかし、近年では少子化の影響や競合業者がアニメ科、コミック科を設置するなど生徒獲得競争が激化し、2005年4月期の年収入高は約50億円に減少。新規校開設や就職率向上、授業料の値下げなどによる生徒数の増加を目指していたが、生徒数は横ばいで推移していた。



http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/2239.html


マジかよ。。
ら、楽太郎師匠はどうなるんだ。。
違う違う、アニメ業界の今後はどうなるんだ。
美大生が業界に大量就職し始めて日本人作画のクオリティーがぐんぐんあがる!そんなわけがあるはずもなく。ああ、こうしてまた日本のアニメ業界は閉塞化していくのだった。

明らかにネット上でのネガティブキャンペーンの影響なんじゃないだろうか。糞、糞と連呼されれば、犬でも食わない。ここまで早く追い詰められるとは予想できなかったけれど、ある程度予想は出来た。

いや、正直な話潰れてくれても全く問題ないのだけれどゲフンゲフン、広告や人材の問題も含めてアニメ業界に深刻な余波が訪れるのはほぼ間違いない。代アニのCMが消えることで深夜アニメが急速に減ったりして・・・ これは笑い事ではなく。そして、現在のアニメシーンを支える優秀な人材がココから多数生まれているというのに、今後はどうなるのだろうか。伊東伸高さんや中村豊さんといった一部でカリスマ扱いされている超巧い人達も、実はここの出身なんですよね。すしおさんなどは企業広告にまで出演していたとか。来年は代アニ難民がどこへ向かうのか、向かう先があるのか、他人事だけれど心配。

というか代アニが単独でスポンサーについている声優ラジオなんかはどうなるんだ・・・ 僕らの生きる糧が、また一つ消えていく。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ま。。まじすか。。。え、え、てことは高等部?とかの人らはどうなるんでしょうか??
NEETか…?
2006/12/09 (土) 00:41:21 | URL | はなげー #-[ 編集]
さすがに卒業までは保障されるんじゃないでしょうかね。そうしないと裁判沙汰になってしまいますから、さらに赤字がかさむことに。。
2006/12/10 (日) 14:42:46 | URL | @管理人 #BwyjpNMY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「代々木アニメーション学院(代アニ)を運営する代々木ライブ・アニメイション倒産 (http://tn1600mg.blog79.fc2.com/blog-entry-67.html)」「代々木アニメーション学院倒産(http://buchi21.blog64.fc2.com/blog-entry-392.html)」「代アニ:民事再生法適用を申請 負
2006/12/10(日) 12:53:18 | 少年ありす記憶箱
copyright © 2005 電源を入れてください~都市ノォト~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。