電源を入れてください~都市ノォト~
生きていることを記録する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そうだ!革命家に聞こう!! 詳細 参加される場合は人生相談(悩み)を400前後にまとめてもってくること。
そうだ! 革命家に聞こう!
author : 雨宮処凛
 お待たせ致しました!
「雨宮処凛のわくわくお楽しみ会」第二弾を、5月31日、ロフトプラスワンで開催致します!
 詳細は以下!

-------------------------
雨宮処凛のわくわくお楽しみ会 VOL.2
「そうだ! 革命家に聞こう!一革命家があなたの人生相談に答えます一」

 悩みがあるなら革命家に聞こう! きっと想像もしない答えを革命家は示してくれるはず。年間自殺者三万人の時代、自殺する前にあなたの悩みを「格差社会」や「資本主義」なんかのせいにしてLet's革命! ちょいダメオヤジの愉快な革命家&若者の生きづらさをテーマにしてきた雨宮処凛があなたの悩みをブッた斬ります。相談したいことがある人は、悩みを400字ほどにまとめて受付に提出して下さい。

出演 雨宮処凛(作家・革命家)、塩見孝也(元赤軍派議長・革命家)、鈴木邦男(新右翼一水会顧問)、木村三浩(一水会代表・革命プロモーター)、平野悠(ロフト席亭)、土屋豊(映画監督)

5月31日(水)
新宿ロフトプラスワン 新宿区歌舞伎町1-14-7 林ビルB2 03-3205-6864
OPEN 18:30 START 19:30
1500円(飲食別)
※人生相談持参の方は300円引き!
入場時に相談を書いた紙を受付にお渡し下さい(ペンネーム可)
------------------------------------------

以下 詳細



 どうだっ! 暴動大宴会の次は、「革命家ナイト」! 革命家による人生相談! 革命家による人生指南! 革命家による悩み相談! しかも出演するのは本当に正真正銘の革命家!
 こんな素晴らしい宴がかつてこの国で繰り広げられたことがあったでしょうか・・・。しかも出演者のうち、私と土屋監督と木村さん以外は全員六十代! 野に放ってはいけない人たちがこの日は勢ぞろいで文字どおり野放しにされます。ああ、どんなイベントになるか、考えただけで興奮します。
 と、ここで出演される革命家の皆さんをよく知らないという方々に説明を。
 まず塩見孝也さん。塩見さんは言わずと知れた元赤軍派議長。北朝鮮にハイジャックして飛び立ったよど号グループとか、世界中でハイジャックとか空港襲撃とかいろんな事件を起こしまくった日本赤軍とか、あさま山荘に立てこもって銃撃戦したり仲間を殺したりした連合赤軍とか、まぁそんな人達のトップだったという方です。本気で共産主義革命を起こそうとして、武装闘争の最中に逮捕され、獄中二十年。オウムにさえ適用されなかった破防法を「個人で」適用されたという珍しい方です。塩見さんの革命が成功していたら、今頃この国は日本民主主義人民共和国で塩見さんは主席になっていたという雲の上の方ですが、そんな塩見さんがこの日は地上に下りてきてくれます。っていうかこの前のイベントにも特別ゲストとして出演してくれたんですが・・・。とにかく、塩見さんとはもう十年近い付き合いで、一緒に北朝鮮に行ったりイラクに行ったりしていて、もちろん今も塩見さんは「世界同時革命」の夢を捨ててはいません。そんな塩見さんの愛猫の名前は「ぶーにゃん」。ヤキイモが好きだそうです。
 そしてお次は鈴木邦男さん。鈴木邦男さんは「日本を代表する民族派活動家」であり、
現在新右翼団体・一水会の顧問をされています。三島由紀夫とともに自決した森田必勝氏と友人であり、事件に衝撃を受けて一水会を設立。一水会には作家であり私の師匠、故・見沢知廉さんも所属されていたことは有名です。そんな怖そうな経歴の鈴木さんですが、御本人はテレビ東京でこの前やっていた「ゆるキャラ選手権」で今すぐ優勝できそうな、癒し系の六十代。愛猫の名前は「シロ」。
 そして同じく一水会の木村三浩さん。木村さんは現在一水会の代表をつとめています。湾岸戦争の頃から反米を掲げてイラクを応援し、義勇軍をイラクに送り込もうとしたり様々な活動をされてきました。私の二度にわたるイラク行きは、すべと木村さんのイラクにおける地位の賜物です。イラクでは「国会議員になってほしい」とまで言われていて、アラブ各国や世界中の活動家、政党の方々と親しい木村さんの詳しい経歴は謎に包まれています。なので、今度のイベントでいろいろ聞き出そうと思っています。
 そして平野悠さん。元革命運動家で日本のロックの聖地・ロフトの創始者です。81年にはビジネスになったロックに失望し海外放浪。84カ国を制覇。旅人であり、バックパッカーです。一緒にイラクにも行きました。そんな平野さんの愛猫の名前は「米子」。
 土屋豊さんは、映画監督であり、ビデオアクティビストです。私が主人公のドキュメンタリー「新しい神様」や劇映画「PEEP"TV"SHOW」はまったくのインディペンデントでありながら、世界各国の映画祭で賞を受賞するなど革命的なやり方で映画を撮っています。また、ビデオアクティビストでもあり、韓国やニューヨーク、アムステルダムなどのアクティビストたちと連携し、メディア運動も繰り広げています。
 
 と、そんな素敵な革命家の方々の簡単な紹介をさせて頂きました(ちなみに私の愛猫の名前は「ぱぴ」ちゃんと「つくし」ちゃんです)。
 この方たちが、「すごい生き方」やここの人生相談でも取り上げられたような若者の生きづらさに関する相談に、どんな切り口で答えてくれるのか、本当に本当に楽しみです。
 常々、私も個人の生きづらさには社会の構造的な問題が含まれていることも多く、積極的に問題を社会のせいにすれば大分道は開かれるはず、と思っているので、いろんな話ができればと思っています。
 よく私のもとにも、いくつ会社を受けても就職できなくて自分がダメだと思い込み、自殺したい、なんて声が寄せられます。が、そのたびに、悪いのはお前ではなくただ単に日本経済の状況や、企業が非正規雇用で都合よく人を切り捨てるやり方をして利益を上げていることや、それを放置している社会と呼ばれるものが思いきり悪いのだと声を大にして言いたいです。ですが、それを「本人にやる気がない」とか「甘えている」とか、そんな言葉で問題を摺り替えられていることが非常に腹立たしく思っているので、そんな話もできればと思っています。
 もちろんそれだけではなく、リストカットからオーバードーズから摂食障害からイジメから、何から何まで革命家たちがあなたの悩みを明解な言葉でぶった斬り、革命へと導いてくれるでしょう。悪いのはアメリカか? 戦後日本か? 資本主義か? それともフリーメーソン?
 そんな、革命の宴にぜひお越し下さい。
 ちなみに当日来られないけど革命家にぜひ相談したい、という方は、ここの相談メールから私に相談を送って下さい。メールに「革命家に相談希望」と明記するのを忘れずに。
 とにかく、みなさん揃いも揃って「すごい生き方」で、こんな珍しい方々が一堂に会することはもうないと思うので、ぜひ革命家たちの「生き様」から元気をいっぱいもらって下さいっ!

http://www.sanctuarybooks.jp/sugoi/blog/index.php?e=31
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 電源を入れてください~都市ノォト~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。